【TOEIC】英単語(動詞)はきちんと覚える!


[公開日]2014/05/20 [更新日]

(記事No.00012)

 

こんにちは。

上司思考で仕事力アップ!

の金指(かなざし)善孝です。

 

英語は動詞を中心に成り立っている言語で

あるという人もいます。

 


みなさんは、英単語の暗記は得意でしょうか?

 


私は学生時代から英単語の暗記がとても苦手です。

 


しかし、語学(英語)において英単語の暗記は

避けて通れません。

 


世の中には沢山の英単語の覚え方の本も出版されています。

以前、記憶術の通信教育の教材を購入したり沢山の英単語暗記の

本を購入しました。

 


残念ながら、どの覚え方をしても途中で挫折してしまいました。

 


その過程において、あることに気づきました。

英単語は「きちんと」覚えることが重要であると。

 


では、動詞(英単語)において「きちんと」とはどういう意味なんでしょうか?

 


私は以下のように考えました。

 


(1)自動詞か他動詞かをきちん記憶する。

(2)受身で使われる場合はそれも記憶する。

(3)一定の塊で記憶する。

 


ちなみに、動詞を覚える際に、TOEIC Part1の英文はとても役立ちます。

 


例えば、writeという単語があります。

中学校で習う基礎的な英単語です。

 


この英単語の意味を「書く」と覚えても実は全く役立たないのです。

 


私は動詞の英単語を覚える際はこう考えながら覚えています。

 


(1)自動詞も他動詞もあるが、他動詞が比較的よく使われる。

(2)今回は省略

(3)writting something 「何かを書いている」

 


特に、(3)の塊で英単語(動詞)を覚える際は、

実際に目にした英文から抽出しています。

 


その方が記憶に残りやすいと感じているからです。

 


writeという中学校で習う簡単な英単語だと馬鹿にせず、

一単語ずつていねいに覚えていくと記憶力の定着も良くなります。

 


TOEICに出てくる動詞の数は限られているはずです。

 


私自身、まだ実感はないですが動詞を制すると飛躍的に得点力が

上がるのではないでしょうか。

 

 


コメントを残す